スマート プレゼンター®でセミナー撮影

Windows 8 日本語キーボードが認識されずに困った!

maker_bottom

最近、Windows 8に関わる教材制作案件が増えています。

お客さんによっては、環境を支給してくださることもありますが、当然自分たちで準備することもあります。

なので、Windows 8のPCを準備する必要があったのですが、本当は、プリインストールマシンを買った方よいのですが、経費をケチり、まずはアップデートで対応しました。

その結果、ちょっと困ったことがいくつかあったので、覚書として1つアップしておきます。

■ その他の人気記事
Youtube 社長のプレゼン動画集を公開
Windows 8 日本語キーボードが認識されずに困った!
ディザって何ですか?
WordPress wp-loginの不正アクセス対策
PhotoshopとIllustrator ネイティブファイルのやりとり
ビジネスに役立つ英文メールのサンプルと解説 目次
TOIEC(R) 無料学習ブログ 目次

Smart Presenter(R)

表題の通り、キーボードが日本語のキーボードとして認識されない!という問題が起こりました。

韓国人のバイトちゃんが韓国語版のWindows Vistaを使っていたものから、アップデートを行ったことが原因かもしれないですが、Google先生に聞いてみると、同様の現象にお悩みの方も結構いるようです。

まず最初に試みたのが、言語の修復です。

つまり、コンパネ→言語

と、進めて、追加済みの「日本語」を入れ直すという作業です。

いったん、「言語の追加」をクリックして、英語を追加します。

そして、日本語を削除して、あらためて日本語を追加し直します。

そして、英語は削除します。

これで、直るときは直るらしいですが、私の環境では、ダメでした。

つぎに、トライしたのがレジストリの修正。

レジストリエディタを開き、

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters

に、

LayerDriver KORがあった。

これだと思い、これを削除。そして、再起動。

今度こそを思うが、これもダメ。

3つ目の方法は、デバイスマネージャでキーボードのドライバを強制的に入れ直すという作業。

結論で言えば、これで解決でした。

ただ、更新だけだとダメで、いったん、レガシーの日本語キーボードのドライバーをあてる作業を行いました。

まずは、キーボードが、「HIDキーボードデバイス」と認識されているので、右クリックし、ドライバーソフトウェアの更新を選択。

ダイアログで、「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選ぶ。

さらに、進めていき、「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックを外して、日本語 PS/2キーボード(106/109 CTRL+英数)を選んで、強制的にインストールします。(PS/2って、懐かしすぎる。。。)

結果、ダメよといったん怒られますが、構わず進めます。

で、一応インストールされるようですが、デバイス上の日本語 PS/2キーボード(106/109 CTRL+英数)にはエクスクラメーションマークが表示され、キーボードが使えない状態になります。

ここで、うろたえずに、マウスを使って、再起動します。

サインインもマウスを使って、ソフトウェアキーボードで行います。

そして、再起動後、あらためてデバイスマネージャーを開き、キーボードのドライバーの更新を行います。

すると、HIDキーボードデバイスということで、再認識されますが、これで修復が完了します。

その後、目出たく普通に日本語キーボードが復活します。

とりあえず、良かったというお話でした。

 

石田

 

記事がお役に立てましたら、下部のはてなブックマークなどの、ポチりをお願いします。

——————————————–

■略歴

石田 知志(いしだ さとし)

(株)A-flat代表取締役

http://a-flat.biz

03-5779-7694

IT系を中心とした各種の教材制作、テクニカルライティング、映像制作、セミナー撮影、技術資料の翻訳などを行っています。

■ その他の人気記事
Youtube 社長のプレゼン動画集を公開
Windows 8 日本語キーボードが認識されずに困った!
ディザって何ですか?
WordPress wp-loginの不正アクセス対策
PhotoshopとIllustrator ネイティブファイルのやりとり
ビジネスに役立つ英文メールのサンプルと解説 目次
TOIEC(R) 無料学習ブログ 目次

Smart Presenter(R)