スマート プレゼンター®でセミナー撮影

Practice 練習問題2

練習問題です。[]に入るものを、下の選択肢から選んでください。
1. [ ] are tired of his speech.
この記事は、誰でもわかるTOEIC(R)TEST 英文法編より、内容を抜粋してお届けしています。

TOEIC(R)TEST対策に役立つ英文法の基礎講座を、全24レッスンを【無料】でお届けします。各レッスンごとに文法のテーマが決まっています。学習したいテーマを選んで記事をご覧ください。


toeic dvd 直販特価14800円

Practice 練習問題2

⽂型(SVC)/このバッグ☆超かわいい(^_-)-☆

This bag is so cute.

練習問題です。[]に入るものを、下の選択肢から選んでください。

1. [ ] are tired of his speech.
a. Listens
b. Listeners
c. Listened
d. Listening

2. The closure of the factory [ ].
a. sad
b. is sad
c. sadness
d. is sadness

3. Some of the researchers were [ ].
a. results unhappy
b. unhappy results
c. unhappy the results
d. unhappy about the results


1. Listeners are tired of his speech. 「聞いている⼈達は彼のスピーチに飽きています。」
解説:b. Listeners 「聞き⼿、聞いている⼈」(名詞)を⼊れると⽂意がとおります。be tired of 〜
で「〜に飽きている」の意味になります。
まず、この問題⽂で主語が抜けていることが分かります。そこで主語として使えるもの(I のように代名
詞(主格)、(the) man や visitor(s) のように名詞、その他にも動名詞、不定詞 、名詞節など)があ
るかどうかを探します。また、上記 be tired of 〜の意味から、「誰が」飽きているのか?と想像します。
a. Listens 「聞く」(動詞)の三単現(三⼈称単数現在形)の s がついた形ですが、主語にはなれません。
c. Listened 「聞いた」(動詞の過去形)も主語にはなれません。d. Listening 「聞くこと」(動詞の ing
形)は動名詞として主語になることはできますが、下線部に⼊れても意味がとおりません。

2. The closure of the factory is sad. 「その⼯場の閉鎖は寂しいです。」
解説:b. is sad「寂しいです」(be 動詞+形容詞)を⼊れると SVC 型の⽂になります。the closure of
the factory のところは of the factory 「その⼯場の」という補⾜説明を the closure「閉鎖」につ
け「⼯場の閉鎖」という意味になっています。
この問題⽂には主語しかありません。そこでまず述語動詞が⼊る SV 型である可能性を検討します。しか
し選択肢の中に含まれる動詞はすべて be 動詞であることから、SV 型ではなく、SVC 型であると判断し
ます。
まず a. sad「寂しい」(形容詞)、c. sadness「寂しさ」(名詞)では動詞がないので⽂が成り⽴ちませ
ん。残った d. is sadness「寂しさです」(be 動詞+名詞)では S=C の関係が成り⽴ちません。

3. Some of the researchers were unhappy about the results.「その研究者の中の数⼈はその結果には不満だった。」
解説:d. unhappy about the results「結果について不満で」(形容詞+前置詞+名詞)を⼊れると
SVC 型の⽂が成り⽴ちます。some of the researchers では some 「いくつか、数⼈」(代名詞)
some of 〜で「〜のうちいくつか/数⼈」の意味になります。そのため、some of the researchers
で「その研究者の中の数⼈」という意味になります。問題⽂には be 動詞があります。そこで「その研究
者の中の数⼈は」どうだったのか?という意味を考えます。選択肢をみると、なんとなく結果について
不満だったであろうことが想像できます。そこで⼀つずつ詳しく検討します。
a. results unhappy 「結果 不満な」(名詞+形容詞)、c. unhappy the results「不満な その結
果」(形容詞+名詞)ですが語順に誤りがあります。unhappy に the results を直接つなげる事はでき
ません。間に with などの前置詞が必要です。また、the unhappy results とすれば正しい語順です。
b. unhappy results 「不満⾜な結果」(形容詞+名詞)の語順は正しいですが、Some of the
researchers = unhappy results という関係が成り⽴ちません。あくまでも、不満だったという感覚と「研究者の中の数⼈」がイコールになるのです。

重要:
他動詞と⽬的語:I like Thai food. 「私はタイ料理が好きです。」の Thai food 「タイ料理」(形容詞+名詞)が like の⽬的語にあたります。このように動詞の対象となる語句のことを⽬的語とい
い、⽬的語をとる動詞のことを他動詞といいます。また、⽬的語をとらない動詞は⾃動詞です。SV型の動詞は⽬的語をとらないので⾃動詞です。

注意:
sell は「〜を売る」という意味の他動詞として使われることが多い動詞です。
例:The man sells bananas for living. 「その男性はバナナを売ることで⽣計を⽴てています。」
この⽂では bananas が sell(s)の⽬的語となっています。意外にもsell に⾃動詞の使い⽅があるため、TOEIC(R)TEST でもポイントにされることがあります。

以上で、Lesson2 ⽂型(SVC)/このバッグ☆超かわいい(^_-)-☆ は終了です。

<前のトピックへ / 目次ページへ / 次のトピックへ>


翻訳、ローカライズ承ります

講義、講演会の撮影承ります