スマート プレゼンター®でセミナー撮影

Windows 8のアカウント

win8

Windows 8で利用するアカウントについて書こうと思います。
先日、教材制作を依頼されたお客さんから、アカウントはMicrosoftアカウントでログインしてください!
と言われ、最初は、「ん?何の話?」と思ってしまいました。

実は、Windows 8の大きな特長として、Microsoftアカウントを利用してログインするということがあります。
いや、正しく言うとそれ自体が特徴なのではなくて、Windows 8がクラウドと一体化しているということが特徴であるのです。

どういうことかと言うと、Windows 8のモダンUI側のアプリには完全にクラウドベースのものがあります。
Peopleなどはその代表です。
Peopleは、TwitterとかFacebookとかを、Windows 8のスタート画面からまとめて利用できるアプリです。
「人」とのつながりをアプリとして表現した、ちょっと新しいタイプのアプリです。
Webブラウザーを起動せずに、すぐにFacebookなどを楽しめます。
面白いです。お試しください。
例えば、このアプリも完全にクラウドが主となります。
ですから、Windows8にログインする時に、クラウドベースのアカウントでログインすると、こういったアプリがすぐに使えるようになります。
他にも、メールアプリやカレンダーアプリなどがクラウドベースのアプリです。
つまり、デスクトップの非ネットワーク環境では利用できないということです。

ちなみに、Microsoftアカウントを使わずにも、Windows 8を使うことは可能です。
そういったアカウントは、ローカルアカウントと言います。
Peopleやメールアプリ(モダンUI側)などを使わない場合は、ローカルアカウントのまま使っても何の不自由もありません。

懐かしい話ですが、Windows95や98では、Internet ExplorerをOSに同梱することで、インターネットとの繋がりを構築し、独占禁止法の裁判になりました。
そして、Windows8では、OS自体がインターネットと同化するようになったというお話でした。

——————————————–

■略歴

石田 知志(いしだ さとし)

(株)A-flat代表取締役

http://a-flat.biz

03-5779-7694

IT系を中心とした各種の教材制作、テクニカルライティング、映像制作、セミナー撮影、技術資料の翻訳などを行っています。

主要なサービスとしては、画面録画付きセミナー撮影サービス「スマート☆プレゼンター」を提供しています。

http://a-flat.biz/archives/service-category/video

スクリーンも同時に精細に収録し、すぐにコンテンツ化します。セミナーDVDの制作、eラーニング、Webセミナー、Ustream中継などでご利用いただけます。