スマート プレゼンター®でセミナー撮影

キーフレームとキーフレーム

映像制作の現場でよく耳にする「キーフレーム」ですが使われる場面によって意味合いが異なります。
編集やさまざまな効果を適用する場合フレーム単位で行われ、開始と終了の2つのフレームに「キーフレーム」が設定されます。
設定されたキーフレームの開始と終了の間で時間の経過に合わせて設定値を変化させることができます。
この場合の「キーフレーム」は設定値の変化のスタートと終了を設定する「キーフレーム」となります。

一方、動画ファイルを圧縮する際にも「キーフレーム」が登場します。
圧縮する際の「キーフレーム」は、「フレーム数」や「秒数」で指定します。
キーフレームとして指定したフレームは完全なフレームとして保存され、次のキーフレームまでの間のフレームはキーフレームとの差分データのみが記録されます。
このようにして動画ファイルが圧縮される仕組みです。
どちらの「キーフレーム」も映像制作には重要な役割をしています。

M.K