スマート プレゼンター®でセミナー撮影

Photoshopのスマートオブジェクト

前回、PhotoshopとIllustratorのネイティブファイルのやりとりについて書いた際に、
ベクトルスマートオブジェクトについて、触れました。

PhotoshopでIllustratorのネイティブファイルを配置する際は、
オリジナルのファイルが配置されるのではなく、
ベクトルスマートオブジェクトと言うオブジェクトに変換されて読み込まれるというお話でした。

そこで、そもそも、スマートオブジェクトって何だっけ?と思い、今回、書きます。

スマートオブジェクトは、Photoshopがレイヤーの画像を劣化なく編集できるようにするための機能と言うか、
オブジェクトです。

効果を体験する簡単なデモがあります。
是非、試してみていただければと思いますが、
Photoshopを起動して、新規ドキュメントの準備をします。

で、そこに、適当なjpegなどの画像ファイルを配置します。
ファイル→配置、でもいいし、
MiniBridgeから、ポイッとD&D(ドラッグアンドドロップです)でもいいし、
通常のフォルダーウィンドウから、ポイッとD&Dでも良いです。
そして、オプションバーで、○をクリックして確定します。

話それますが、ドキュメントウィンドウ上部のバーを、
フォトショップはオプションバーと言い、
IllustratorやInDesingは、コントロールパネルと言います。

話を元に戻します。
ドキュメント上で確定されると、それはスマートオブジェクトと言うものに変換されます。
どこでそれが分かるかと言うと、レイヤーパネルを見れば分かります。
スマートオブジェクトのマークがつきます。
マウスカーソルを合わせると、「スマートオブジェクト」と表示されます。

ドキュメント上のスマートオブジェクトのハンドルをドラッグして、
ものすごぉぉぉぉく小さくして、確定してください。
アリンコくらいに小さくして下さい。

その後、もとの大きさ位に広げてみてください。
UnDoではなく、ハンドルをドラッグして、操作してください。

画質の劣化はありません。
ビットマップの画像を配置してますから、本来は一度サイズ変えて確定したら、
そこでクオリティは決まるものなのですが、スマートオブジェクトはオリジナルの情報を保持しているので、
サイズをいじっても画質が下がらないのです。

念のためにスマートオブジェクトじゃない場合を見たい場合は、レイヤーパネルで、
右クリックして、レイヤーのラスタライズを選びます。

そうすると、いわゆる、ビットマップ画像になります。

これを、やっぱり、アリンコサイズにして、元に戻します。

すると、そこには、見るも無残な結果の画像が登場します。

フォトショップをつかっていると、
何かと、”ほにゃららスマートオブジェクト”というのが出てきます。
知らないと、なんのこっちゃとなりますが、
今回ご紹介した操作を一回体験しておくと、
フォトショップであっちこっちで、登場する、
”ほにゃららスマートオブジェクト”は、何がスマートなのかと言うことが、
感覚的に分かることでしょう。

要するに、劣化せずに読み込んだデータを編集するための機能なんだ!
と、考えればOKです。

ところで、劣化せずにデータを補正するための機能と言えば、
調整レイヤーというやつもあります。

調整レイヤーについては、また今度お話しします。

記事がお役に立てましたら、下部のはてなブックマークなどの、ポチりをお願いします。

——————————————–

■略歴

石田 知志(いしだ さとし)

(株)A-flat代表取締役

http://a-flat.biz

03-5779-7694

IT系を中心とした各種の教材制作、テクニカルライティング、映像制作、セミナー撮影、技術資料の翻訳などを行っています。

主要なサービスとしては、画面録画付きセミナー撮影サービス「スマート☆プレゼンター」を提供しています。

http://a-flat.biz/archives/service-category/video

スクリーンも同時に精細に収録し、すぐにコンテンツ化します。セミナーDVDの制作、eラーニング、Webセミナー、Ustream中継などでご利用いただけます。