スマート プレゼンター®でセミナー撮影

SVOC 型についてのちょっとしたトピックです。
この記事は、誰でもわかるTOEIC(R)TEST 英文法編より、内容を抜粋してお届けしています。

TOEIC(R)TEST対策に役立つ英文法の基礎講座を、全24レッスンを【無料】でお届けします。各レッスンごとに文法のテーマが決まっています。学習したいテーマを選んで記事をご覧ください。


Lesson6 コーヒーブレーク

文型(SVOC型)(1)/ゆず胡椒がそばの味を引き立てる

Yuzukosho makes the taste of soba richer

この記事では、TOEIC(R)TESTとは、関係ないかもしれませんが、きっと役に立つ英語の小ネタをご紹介します。


現⼒アップに⽋かせない SVOC型 今回は英会話⼒アップのコツについて紹介します。何か⾔いたいことがあるけれども、「動詞」がわからない時、ひょっとしたら SVOC型が役に⽴つかもしれません。例えば「私は⼈を怒らせた」と⾔いたい時”私(S) 怒らせた(V) ⼈(O)”という SVO 型の⽂を⾔おうと思うと「怒らせる」という動詞が必要になります。でも、SVOC 型にすると意外と簡単に「怒らせた」と⾔えてしまいます。
このレッスンの例⽂にでてきたので分かりますね。”主語 made ⼈ angry” などとできます。
例:I made my boss angry. 「私は私の上司を怒らせた。」
例:I made my father happy. 「私は私の⽗を喜ばせた。」
なお、⽇本語で動詞だからといって英語でも動詞になるとは限りません。

SVOC 型の中でも特に make はいろいろと使えるので便利です。英会話は TOEIC(R)Test 対策に
もとても有効ですので、ぜひチャレンジしてみてください。


次回は、Lesson6 Wrap-upをお届けします。

<前のトピックへ / 目次ページへ / 次のトピックへ>


翻訳、ローカライズ承ります

講義、講演会の撮影承ります