スマート プレゼンター®でセミナー撮影

2-2 Informationコンテンツの作成

この講座は、Adobe Edge Animate CCを使用し、フラッシュを使わないでHTMLのインタラクティブなアニメーションを作成し、また、作成したコンテンツを、レスポンシブなレイアウトにしてタブレットデバイスで表示する、ということを目標に進めていきます。

次に、Informationコンテンツを作成していきます。

Informationマット1の作成

1.タイトルマットをコピーします。

・WindowsではAltキー、Macではoptionキーを押しながらドラッグします。
・shiftキーを押しながらだと、位置を固定してコピーすることができます。
タイトルマットをコピー

2.位置やサイズを正確に設定します。

・左 40px
・上 200px
・幅 560px × 500px
位置やサイズを正確に設定

3.Informationマット1に名前を設定します。

・Informationマット1「InfoMat1」
Informationマット1に名前を設定

Informationテキスト1の作成

1.タイトルテキストをコピーします。

・WindowsではAltキー、Macではoptionキーを押しながらドラッグします。
・shiftキーを押しながらだと、位置を固定してコピーすることができます。
タイトルテキストをコピー

2.テキストを入力します。

・コピーしたタイトルテキストをダブルクリックすると文字を編集できます。
***********************
time schedule

LIGHT, COFFEE, JAZZ

—-
2015. 11. 21. SAT @Bliss
20:00~05:00
—-
DJs
***********************
テキストを入力

3.フォントサイズを設定します。

・フォントサイズ 24px
フォントサイズを設定

4.Informationテキスト1に名前を設定します。

・「InfoText1」
Informationテキスト1に名前を設定

5.タイトルテキストの要素を設定します。

・タグをpにします
タイトルテキストの要素を設定

Informationマット2とInformationテキスト2の作成

スライドインさせるためにマットとテキストをもう一式作成していきます。

1.InfoMat1とInfoText1をコピーします。

・InfoMat1をクリックしたら、shiftキーを押しながらInfoText1をクリックし、両方を選択します。
・WindowsではAltキー、Macではoptionキーを押しながらドラッグします。
・shiftキーを押しながらだと、位置を固定してコピーすることができます。
・余白の部分にコピーしておきます。
InfoMat1とInfoText1をコピー

2.テキストを入力します。

***********************
one-night stand

The venue for the next event is

within

the college campus

in Paris.
***********************
テキストを入力

3.Informationマット2とテキスト2に名前を設定します。

・Informationマット2「InfoMat2」
Informationマット2とテキスト2に名前を設定
・Informationテキスト2「InfoText2」
InfoText2

4.保存します。

これでInformationコンテンツの完成です。
次の記事で、ビジュアルを完成させます。

<前のトピックへ || 次のトピックへ>



各種IT教材と販促支援物の制作承ります

講義、講演会の撮影承ります