スマート プレゼンター®でセミナー撮影

1-4 画像ファイルの読み込み

この講座は、Adobe Edge Animate CCを使用し、フラッシュを使わないでHTMLのインタラクティブなアニメーションを作成し、また、作成したコンテンツを、レスポンシブなレイアウトにしてタブレットデバイスで表示する、ということを目標に進めていきます。

今回は、背景画像の設定をおこないます。
画像を外部ファイルから読み込み背景に配置してみましょう。

画像の読み込みと設定

画像はダウンロードしたファイルの中にあるパリの画像(paris.png)を使います。

1.「ファイル」メニューから「読み込み」を選択します。

ファイルの読み込み

2.paris.pngを開きます。

読み込み画像の選択

3.プロパティパネルで画像の位置の調整をします。

・画像が読み込めたら配置を調整します。
・座標はグローバルの場合はX,Y、適用の場合は左,上となっています。どちらで操作しても同様です。
 ・左 0px
 ・上 0px
読み込んだ画像の配置

4.画像をロックします。

 ・今回はステージと画像サイズが全く同じなので、ステージに画像がピッタリはまっていますが、念のため画像をロックします。
 ・画像を右クリックし、「ロック」を選択します。
 ・この先の編集をしやすくするためのコツ!
画像にロックをかける

5.保存します。

・保存します。
・ライブラリパネルにいまのファイルが追加されたことがわかります。
・また、エレメントパネルにも追加され、ロックがかけられていることが確認できます。
ライブラリパネルとエレメントパネル

これで、第1回 作成開始とステージの設定 は終了です。
次回は、ボタンやテキストを配置してビジュアルを完成していきましょう。

<前のトピックへ || 次のトピックへ>



各種IT教材と販促支援物の制作承ります

講義、講演会の撮影承ります