スマート プレゼンター®でセミナー撮影

サイト読込速度が0秒!?サンプルレートを変更

サイトの読み込み速度

Google アナリティクスのサイト速度の平均読み込み時間に、0秒の日がポチポチ出るようになってしまいました。
あれれ、、と思いながら原因を考えました。理由は、「サンプル数が足りない」という、
実に残念な理由でした。
ということで、今回はトラッキングコードのサンプルレートを変更して解決する方法についてです。
(解決、、、か?)

デフォルトのサンプル数は1%

Google アナリティクスのトラッキングコードによって取得できるサイト速度は、
デフォルトでサンプル数が1%に設定されているのです。

以前の記事「リファーラルスパムが来た」でご紹介しましたが、リファーラルスパムが計測されないようにホストのフィルターとボットのフィルタ設定を変更しました。
その結果、残念ながらセッション数がずいぶん減ってしまいました。
そして、サンプル数が1%を下回るようなありさまになってしまいました。
つまり、リファーラルスパムで、だいぶ底上げしてたようです。
とても、がっかりしました。

トラッキングコードの変更(ユニバーサルアナリティクス)

上記のスクリーンショットにあるように、トラッキングコードをカスタマイズします。
50%にしてみました。

こんなコードに書き変えます。
※自己責任でお願いします。

[html]
ga(‘create’, ‘UA-20809291-1’, ‘auto’);
[/html]
これを、下記に変えます。
[html]
ga(‘create’, ‘UA-XXXX-Y’, {‘siteSpeedSampleRate’: 50});
[/html]
なお、オリジナルのコードは念のため、コメントアウトして残しておきます。

標準アナリティクスの場合

なお、標準のアナリティクスの場合は、こんなコードを追加します。
[html]
_gaq.push([‘_setSiteSpeedSampleRate’, 5]);
_gaq.push([‘_trackPageview’]);
[/html]

で、いつになったら、デフォルトにもどせるかな?

記事がお役に立てましたら、下部のはてなブックマークなどの、ポチりをお願いします。

■ その他の人気記事
Youtube 社長のプレゼン動画集を公開
Windows 8 日本語キーボードが認識されずに困った!
ディザって何ですか?
WordPress wp-loginの不正アクセス対策
PhotoshopとIllustrator ネイティブファイルのやりとり
ビジネスに役立つ英文メールのサンプルと解説 目次
TOIEC(R) 無料学習ブログ 目次
WebデザイナーのためのHTMLアニメーション作成入門

Smart Presenter(R)
——————————————–

石田 知志(いしだ さとし) (株)エーフラット代表取締役/アテイン株式会社取締役
http://a-flat.biz 03-5779-7694
IT系を中心とした各種の教材制作、テクニカルライティング、映像制作、セミナー撮影、技術資料の翻訳などを行っています。