スマート プレゼンター®でセミナー撮影

eラーニング / 研修の教材化

各種のeラーニング教材を制作します。スマート プレゼンター®を使えば、画期的に低いコストで、均質なeラーニング教材を作ることができます。また、繰り返し開催される研修をコンテンツ化するには、最適の方法です。費用、労力、時間、様々な面でのコストダウンが実現します。
仕上りイメージはこちらをご覧下さい。
システムをお持ちでないお客様には、システム導入のコンサルおよび紹介もいたします。

おもなサービス内容

  • スマート プレゼンター®によるeラーニング教材の制作と研修の教材化
    講義ビデオをeラーニング教材(SCORM)にパッケージ化します。
  • Captivateによる教材の制作…Adobe Captivateを用いた操作シミュレーションやeラーニング教材を制作します。
  • シナリオの作成…IT、英語、会計等のコンテンツのシナリオ(原稿や構成)を作成します。
  • 講義の撮影…講義を撮影します。スタジオの手配や講師の方へのディレクションも行っています。

※SCORM…eラーニングの教材とシステムのための標準仕様。システム側も教材側も、SCORMにより定められた仕様に基づき作成しておけば、安定的な相互運用が図れます。
昨今では、LMS(eラーニングのシステムのこと)がSCORM仕様に対応することは、当たり前のこととなっています。そのため、教材もSCORMに対応して作成しておけば、将来別のLMSへシステムを移行する時でも、作成済みの教材を再利用できますので、作り直しのコストがかかりません。その他、様々なメリットがありますが、詳しくは、日本eラーニングコンソーシアムでご確認ください。

スマート プレゼンター®で画期的なコストダウンを

eラーニングの制作に、想定以上のコストと時間をかけていないでしょうか?そして、出来上がったコンテンツを見て、がっかりしたことは無いでしょうか?
また、毎年繰り返される研修をeラーニングにして、費用と時間を節約したいと思っていらっしゃらないでしょうか?
スマート プレゼンター®を使えば、均質なコンテンツを素早く、たくさん作れます。時間もコストも画期的に減らすことができます。
下は、ある案件の制作において、主な部分を抜粋した金額の例です。同じ本数に換算して比較しています。同じお客様から、同様の制作案件を立て続けにいただいたことがあります。1つ目の例は、スマート プレゼンター®を使わなかった場合で、2つ目の例は、スマート プレゼンター®を使った場合の例です。同様の制作案件でも、これだけの費用の違いが出ることが分かります。

■ 通常の制作方法の場合
台本からフルカスタマイズの例

 行政サービス用 文書作成講座 25本分

  合計 1,035,000

[内訳]
・台本作成 … 5,000×25本 125,000
・撮影費 … 80,000×2日 160,000
・編集費 … 30,000×25本 750,000


あるIT系のサービス提供会社様よりの依頼で、行政サービスとして用いるためのeラーニング教材の制作のお手伝いをしました。ビデオ視聴型の学習教材です。
毎年、繰り返しご依頼をくださるお客様ですが、時間・費用ともに制作にかかるコストに懸念を感じておられました。
こちらの見積りは、原稿を書き、MCの収録を行い、素材を作成し、映像の編集を行うという作業を行った際の金額です。
※キックオフから納品まで、2か月半程度です。

■ スマート プレゼンター®の場合
一気に作れて、これだけ差が出ます!

 行政サービス用 文書作成講座 25本分

  合計 600,000

[内訳]
・スマート プレゼンター®撮影費(1日拘束)
300,000×2日(これで以上です)
仕上りイメージはこちらをご覧下さい。


実際に開催された研修をスマート プレゼンター®を使って撮影し、eラーニングのコンテンツとしても利用するという方法をとりました。リアルでの研修と同時にeラーニングまで一気に作成することで、多くの面で効率化が図れました。
収録した2日間分の研修を細かく刻んでeラーニングの教材形式にパッケージ化します。
コストも半額近くまで落ちましたが、制作期間の圧倒的な短縮も大きなメリットとして実感していただきました。
※キックオフから納品まで、約3週間程度です。

制作の流れ

スマート プレゼンター®でeラーニング教材を作成する場合の流れです。
弊社のご相談いただく場合のイメージとしてご覧ください。

担当者がご依頼の内容を伺います。撮影の打ち合わせ
ご指定の場所へ打ち合わせに伺います。制作物の内容やスケジュール感、制作の段取りなどを相談させていただきます。

会場の確認をします。会場確認電話
リアルで開催されるセミナーや研修を再利用して、eラーニング教材とする場合は、会場の確認をします。先方の会場の担当者を教えていただければ、見取り図を取り寄せて、機材設置場所の確認や機材搬入の確認などを行います。

収録講義
講義の収録を行います。この段階で、講師とパソコンの画面が同期するコンテンツが出来上がります。内容確認用のプレビュー版としてお持ち帰りいただけます。
セミナー収録の風景はこちらをご覧ください。

編集編集
収録した映像へ、簡易的な編集を施します。撮影当日にお渡ししたプレビュー版で内容をご確認ください。そして、編集要望をご提示ください。不要箇所のカット、トリミング、ぼかし処理等、10か所/1h 程度までは無料対応です。

レビュー修正修正
編集後の完成版をご確認いただきます。2回程度のやりとりを経て、コンテンツを完成させていきます。

Scorm化scorm
Scorm対応のeラーニングシステムをご利用のお客様の場合は、Scorm用のパッケージを作成します。 昨今では、多くのLMS(eラーニングのシステムのこと)がSCORM仕様に対応しているため、教材もSCORMに対応して作成しておけば、将来別のLMSへシステムを移行する時に教材を再利用できます。その他、様々なメリットがありますが、詳しくは、日本eラーニングコンソーシアムでご確認ください。

納品納品
修正対応後、お客様のOKをいただきましたら、納品します。ご指定の方法でお納めします。
お客様への請求は納品月の末締め、翌末払いでお願いしております。

お客様へ

eラーニングのシステムをお持ちでないお客様には、システム導入のコンサルおよび紹介もいたします。
そちらにつきましても、気軽にご相談ください。

担当:石田 担当:石田
TEL:03-5779-7694
email:s-ishida@a-flat.biz