スマート プレゼンター®でセミナー撮影

翻訳 ローカライズ

英日の翻訳やローカライズをします。WebページのローカライズであればHTMLのソースコードのままローカライズします。ドキュメントであればInDesign等のページレイアウトソフトで版組みした状態でお渡しすることも可能です。特にIT系のドキュメントやWebサイト、ビデオの翻訳およびローカライズが必要な方、是非当社にご相談ください。内容を伺った後、見積りをお出しします。
見積りの依頼は、ご気軽にどうぞ。

他社との違いは?

■IT系の翻訳に強い

■最終利用形態での納品ができる

主に、アプリケーションの解説書や、技術資料、機能紹介ビデオ、eラーニングコンテンツなど、IT系のお客様のお手伝いを中心にやっております。
ITベンダーとして、IT各方面の前提知識があるため、内容を十分に理解したうえでの翻訳が行えることと、テキストのみではなく、WebやInDesign、ビデオなどの、お客様自身が最終的に利用される形態で納品できることが特長です。
スクリーンショットの撮影や、画像の補正日本ユーザー向けの利用サンプルファイルの作り変えなどもやっています。

おもなサービス内容

  • IT系各種資料の翻訳…実績は豊富です。様々なアプリケーションの資料の翻訳やローカライズをやってきました。
  • Webサイトの翻訳…HTMLのまま納品します。ドキュメントの構造やスタイルをそのまま崩すことなく、日本語に差し替えて納品します。
  • ドキュメントの翻訳…InDesignでの入稿もやっています。オリジナルのドキュメントのレイアウトを崩すことなくローカライズします。
  • ビデオの翻訳…解説ビデオの翻訳も行っています。さらに日本語ナレーションの収録から映像納品まで行います。
  • 外国語ビデオの作成…ネイティブスピーカーによる出演やナレーションによるビデオの制作を行います。YouTubeで利用する企業紹介ビデオや英語学習教材の作成などを行います。

翻訳例 Apple Inc. iOS Reference Libraryより引用(※翻訳実績ではありません)
http://developer.apple.com/library/ios/#referencelibrary/GettingStarted/GS_AudioVideo_iPhone/index.html

弊社であれば、以下のように分かりやすく訳します。

原文A-flatの翻訳Google翻訳

Introduction

Overview

Multimedia technologies in iOS let you access the sophisticated audio and video capabilities of iOS devices. Use Core Audio to generate, record, mix, process, and play audio in your application. The open-source OpenAL interface supports high-performance positional audio playback, ideal for games. The Media Player framework supports full-screen playback of video files and provides playback of the audio items in a user’s iPod library. Starting in iOS 3.0, you can add video recording capability to your application.

The Basics

Before you begin writing audio code:

  • Read “Using Audio” in Multimedia Programming Guide to learn about audio development for iOS devices.
  • Continue with Core Audio Essentials in Core Audio Overview to learn about the architecture, programming conventions, and use of Core Audio.
  • See the avTouch sample, which shows how to play sounds; the SpeakHere sample, which demonstrates basic recording and playback; and the Audio UI Sounds (SysSound) sample, which demonstrates how to invoke vibration and play alerts and user-interface sound effects. Before you begin writing video code: Read “Using Video” in Multimedia Programming Guide for an overview of video recording and playback on iOS devices.

イントロダクション

概要

iOSのマルチメディアテクノロジーにより、iOSを搭載したデバイスの洗練されたオーディオやビデオの機能にアクセスできます。「Core Audio」を使い、制作、レコーディング、ミキシング、加工、再生をあなたのアプリケーション上で行えます。
オープンソースである、「OpenAL」インターフェイスによりサポートされるハイパフォーマンスなオーディオ再生の能力は、ゲームにも最適です。
「Media Plyayer Framework」により、フルスクリーンのビデオファイルの再生やユーザーのiPodライブラリーのオーディオアイテムの再生が行えます。あなたのアプリケーションにビデオレコーディング機能を搭載します。(iOS3.0以降)

基本事項

オーディオのコーディングを始める前に:

  • 「Multimedia Programming Guide(マルチメディアプログラミングガイド)」内の「Using Audio(オーディオの使い方)」を読み、iOS搭載デバイスのオーディオ開発について学習してください。
  • 引き続き「Core Audio Overview(Core Audioの概要)」内の「 Core Audio Essentials(Core Audioの要点)」 でCore Audioを使う際の仕組みやプログラミング方法、慣例について学習してください。
  • サンプル「avTouch」をご覧ください。サウンドの再生方法について紹介しています。
    サンプル「SpeakHere」をご覧ください。基本的なレコーディングや再生の方法についてデモを行っています。
    サンプル「Audio UI Sounds(SysSound)」をご覧ください。バイブレーションの起動やアラートの再生、サウンドエフェクトのユーザーインターフェイスについてデモを行っています。

導入

概要

IOSでのマルチメディア技術を使用すると、洗練されたオーディオおよびIOSデバイスのビデオ機能にアクセスできます。使用してCore Audioは、レコード、ミックス、プロセスを生成し、アプリケーションのオーディオを再生します。オープンソースOpenALのインターフェイスは、位置のオーディオ再生ゲームのための理想的なハイパフォーマンスをサポートしています。 Media Playerのフレームワークは、ビデオファイルのフルスクリーン再生をサポートしており、ユーザーのiPodライブラリ内のオーディオ項目の再生を提供しています。 IOSの3.0以降では、アプリケーションにビデオ録画機能を追加することができます。

基礎

あなたは、オーディオコードを書き始める前に:

  • 読み取りは、IOSデバイスのためのオーディオの開発を学ぶためにマルチメディアプログラミングガイド』の”オーディオの使用”を参照。
  • アーキテクチャ、プログラミング規則、および、Core Audioの使用について学ぶためのCore Audioの概要のCore Audio Essentialsに進んでください。基本的な録音と再生を示しています。
  • SpeakHereサンプルはどのようにサウンドを再生する方法を示していますavTouchサンプルを参照してくださいとオーディオのUIをサウンド方法振動や遊びアラートとユーザインタフェースのサウンドエフェクトを呼び出す方法を示します(SysSound)サンプル。記事を読むビデオ録画および再生IOSデバイス上の概要については、マルチメディアプログラミングガイド』の”ビデオを使用する”:あなたは、ビデオのコードを書き始める前に。
お客様へ
単なるテキスト原稿での入稿ではなく、HTMLやInDesign、ビデオファイルと言った最終的な利用形態で納品できることを、大きな強みとしています。また、ITの操作解説を生業としていますので、そちらの前提知識がありますので、特にIT製品の翻訳およびローカライズについては、お客様に大変ご評価いただいております。
ご要望のお客様は、弊社へお問い合わせください。

IT系のローカライズについては、発注前のお試し翻訳も承ります(無料)。

担当:石田、土谷 担当:石田、土谷
TEL:03-5779-7694
email:s-ishida@a-flat.biz