スマート プレゼンター®でセミナー撮影

スマートプレゼンターのファイルをイントラネットで公開する方法(IISの設定)

Webブラウザーに入力するだけでファイルを再生

Webブラウザーに入力するだけでファイルを再生

FlashのファイルをLAN内で開くと、Flash側のセキュリティ機能により、Webブラウザーでの視聴がブロックされることがあります。その場合、LAN内の任意のパソコンをWebサーバーとして設定すれば、コンピューター名かIPアドレスでアクセスして、視聴できるようになります。設定は、とても簡単で1分もかかりません。

Windows には、LAN内のパソコンを簡易Webサーバーとする機能が標準で搭載されています。インターネット インフォメーション サービスと言います。
その機能を有効にするだけです。
以下の手順で、手元のパソコンをWebサーバーにして、ブラウザーからアクセスさせることができます。
なお、この手順についてまとめたPDFのダウンロードは、こちらから行えます。

■ その他の人気記事
Youtube 社長のプレゼン動画集を公開
Windows 8 日本語キーボードが認識されずに困った!
ディザって何ですか?
WordPress wp-loginの不正アクセス対策
PhotoshopとIllustrator ネイティブファイルのやりとり
ビジネスに役立つ英文メールのサンプルと解説 目次
TOIEC(R) 無料学習ブログ 目次

Smart Presenter(R)

1. WindowsをWebサーバーにする方法(Internet Information Serviceの有効化)

1.1 [コントロールパネル]-[プログラム]と進めます。

1.2 [Windowsの機能の有効化または無効化]をクリックします。Windowsの機能の有効化無効化を有効

1.3 [Windowsの機能]ダイアログボックスで、[インターネット インフォメーション サービス]をクリックして有効にします。インターネットインフォメーションサービスを有効に
(チェックではなく、塗りつぶされた状態になります)
※Internet Information Serviceと言うWebサーバー機能が有効になります。

1.4 [OK]をクリックして、[Windowsの機能]ダイアログボックスを閉じ、続けてコントロールパネルのウィンドウも閉じます。

以上で、WindowsをLAN内のWebサーバーとして利用する準備は終了です。これで、LAN内からWebブラウザーを使ってアクセスできるようになりました。次は、ファイルを置く場所についてです。

WebデザイナーのためのHTMLアニメーション作成入門

2. ファイルの置き場所

インターネット インフォメーション サービスを有効にすると、自動的に公開用のフォルダーが用意されます。そのフォルダーにお納めしたファイル一式を置きます。

2.1 [コンピューター]-[ローカルディスクC:]と進めます。Cドライブを開く

2.2 [inetpub]-[wwwroot]とフォルダーを開きます。wwwrootを開く
※wwwrootフォルダーが自動で生成されたWeb公開用のフォルダーです。

2.3 「wwwroot」フォルダー内に、新しいフォルダーを半角英数の名前で作成します。フォルダーを作る
※例として、「webkouza」としています。

2.4 ファイルを作成したフォルダーへコピーします。お納めしたファイル類すべてをコピーしてください。すべてのファイルをコピー
以下の例は、HTMLのメニューページ付きでお納めした場合のスクリーンショットです。
※アクセスブロックのダイアログボックスが開いた場合は、[続行]をクリックします。

以上で、公開の準備は終了です。これで、お納めしたコンテンツをLANで利用できるようになりました。
次は、アクセスするためのコンピューター名およびIPアドレスの調べ方についてです。
コンテンツにアクセスするためには、コンピューター名かIPアドレスのどちらかを指定します。

■ その他の人気記事
Youtube 社長のプレゼン動画集を公開
Windows 8 日本語キーボードが認識されずに困った!
ディザって何ですか?
WordPress wp-loginの不正アクセス対策
PhotoshopとIllustrator ネイティブファイルのやりとり
ビジネスに役立つ英文メールのサンプルと解説 目次
TOIEC(R) 無料学習ブログ 目次

3. コンピューター名の調べ方

コンピューター名の調べ方は何通りもありますが、ここではフォルダーウィンドウから調べる方法を説明します。

3.1 適当なフォルダーウィンドウを開きます。フォルダーを開く

3.2 [コンピューター]で右クリックし、[プロパティ]を選択します。プロパティを選択

3.3 [システム]ウィンドウの、「コンピューター名、ドメインおよびワークグループの設定」の中の、「コンピューター名」を確認します。コンピューター名を確認
この例では「si64-pc」となっています。これがコンピューター名です。

3.4 [システム]ウィンドウを閉じます。

WebデザイナーのためのHTMLアニメーション作成入門

4. IPアドレスの調べ方

4.1 [コントロールパネル]の[ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。ネットワークの状態とタスクの表示をクリック

4.2 ネットワーク接続状態画面の図の項目「接続:ローカルエリア接続」をクリックします。ローカルエリア接続をクリック

4.3 ローカルエリア接続の状態画面が出ますので[詳細]をクリックするとIPアドレスを確認する事が出来ます。詳細をクリック

「IPv4アドレス」の値がIPアドレスです。IP
※この例では、192.168.100.3がIPアドレスです。

5. Webブラウザーからのアクセス方法

上記の手順で調べた、コンピューター名あるいはIPアドレスを使って、コンテンツにアクセスする方法です。

5.1 任意のWebブラウザーを開きます。ブラウザーを開く
※例として、Internet Explorerを利用しますが、どのWebブラウザーでも可能です。

5.2 アドレスバーに以下のとおりに入力して、Enterで確定します。
http://コンピューター名(IPアドレス)/フォルダー名/
コンピューター名か、IPアドレスを入力

以上の手順で、wwwroot内に保存した、index.htmlを開くことができます。
タイトルをクリックして再生
研修やプレゼンの共有など、社内でご利用いただく場合は、このような方法で簡易Web公開する方法がお勧めです。

なお、この手順についてまとめたPDFのダウンロードは、こちらから行えます。

記事がお役に立てましたら、下部のはてなブックマークなどの、ポチりをお願いします。

■ その他の人気記事
Youtube 社長のプレゼン動画集を公開
Windows 8 日本語キーボードが認識されずに困った!
ディザって何ですか?
WordPress wp-loginの不正アクセス対策
PhotoshopとIllustrator ネイティブファイルのやりとり
ビジネスに役立つ英文メールのサンプルと解説 目次
TOIEC(R) 無料学習ブログ 目次

石田 知志(いしだ さとし) (株)エーフラット代表取締役/アテイン株式会社取締役
http://a-flat.biz 03-5779-7694
IT系を中心とした各種の教材制作、テクニカルライティング、映像制作、セミナー撮影、技術資料の翻訳などを行っています。

各種IT教材と販促支援物の制作承ります